欅木地内朱木地呂溜め塗りそば椀(径約15.5cm  高約8cm) の工程
(ロイロ漆による塗り立て。地の粉、蒔き地による漆下地。)

 あるそば好きのお客さんからの特別注文の椀です。
6客のみの製作です。2002年2月18日納品。

欅を寸法に合わせて縦木取りした木片をロクロにて荒挽きをする。
乾燥
材の動きをとるためにロクロにて中挽きをする。
養生
ロクロによる仕上げ挽き
欅椀木地の完成
そば椀の工程画像01
拭き漆による木固め
そば椀の工程画像02
外側の錆による目止め
そば椀の工程画像03
内側の見付けに円形の麻布を糊漆で貼る
そば椀の工程画像04
内側に呂瀬漆(生漆とロイロ漆を混ぜたもの)を塗り、地の粉を蒔く。そして乾いた後希釈した生漆を地に浸透させて地固めをする。
再度、内側に呂瀬漆(生漆とロイロ漆を混ぜたもの)を塗り、地の粉を蒔く。そして乾いた後希釈した生漆を地に浸透させて地固めをする。
そば椀の工程画像05
内側に錆(砥の粉を水で練った後、生漆と混ぜたもの)付けをする
そば椀の工程画像06
地の粉蒔きをしてある高台の内側にも錆付けをする
そば椀の工程画像07
そば椀の工程画像08
砥石で内側と外側の錆を水研ぎする
そば椀の工程画像09
生漆で拭き漆を施す
そば椀の工程画像10
そば椀の工程画像11
外側を木地ロイロ漆にてはけ塗りする
内側と高台の内側を黒ロイロ漆にて刷毛塗りする。
そば椀の工程画像12
乾いた後に全体を炭または耐水ペーパーで水研ぎをする。
そば椀の工程画像13
内側と高台内側に黒ロイロ漆を刷毛塗り、外側を木地ロイロ漆で刷毛塗りする。
そば椀の工程画像14
そば椀の工程画像15
再び炭または耐水ペーパーで水研ぎをする
そば椀の工程画像16
内側と高台内側を黒ロイロ漆、外側を木地ロイロ漆で刷毛塗りをする
内側のみを炭または耐水ペーパーにて水研ぎをする
内側に木地ロイロ漆と朱の顔料を練った朱漆を刷毛塗りする
そば椀の工程画像17
欅木地内朱木地呂溜め塗りそば椀(径約15.5cm  高約8cm )完成
(ロイロ漆による塗り立て。地の粉、蒔き地による漆下地。)

もどる

表紙 自己紹介 作業風景 ギャラリー SHOP Photo
Diary
予定 リンク集

Last Updated   Monday, February 18, 2002
(c)By T.Okura(大蔵豊彦)